楽天モバイルで確認すべきこと!速度や料金を徹底解説!

楽天モバイルの通信スピードに関して

楽天モバイルは、最大で225Mbpsの高速回線です。これはドコモの回線と同じです。通信スピードに関しては、NTTドコモと同じ回線なので、これまで他のキャリアを使用していたユーザでも不満を感じる事のない安心のスピードですね。いちばん信頼があり安心できるdocomoと同じ回線を利用できることが、楽天モバイルのとても良いメリットになりますね。楽天モバイルをはじめとした、格安スマホ・MVNOは、今後どんどん人気が出るのではないでしょうか。

楽天モバイルの72時間制限

どのMVNOにおいても一緒ですが、利用者全てが平等に使えるように、データ通信を多く利用した契約者には、速度制限が課せられました。通信制限がかかるごく最近の3日間のデータの合計に応じて、上限として設定された容量を超えた利用者に対して 、速度が規制されていたのですが、2016年より3日制限が撤廃されたのです。楽天モバイルの格安SIMでは、どの程度、データ通信を消費したか心配する必要はなくなった事により、利便性の向上としてはかなり大きな進歩です。

楽天格安スマホの特色

格安スマホや格安SIMを取り扱っている会社の中で楽天モバイルがあります。NTTドコモ、ソフトバンク、auなどのキャリアからの乗り換えであれば、毎月のスマホ使用料を節約できるサービスです。現在話題となっているのが、月々1250円で利用できるSIMサービスです。docomo回線を使った通話サービスを提供しているので、電波の入る範囲や通話の品質などドコモと同じなのです。しかも楽天モバイルの契約期間中は、楽天市場でのお買い物で2倍のポイントがもらえる点も魅力の一つです。そんな訳でして、楽天モバイルの速度や解約・店舗情報など、楽天モバイルのすべてを網羅しました。分かりやすくまとめさせて頂いたつもりですので、お気軽にどうぞ♪

docomo回線網の格安SIM

楽天の提供する格安スマホはdocomo回線を使用しているのです。言うまでもありませんが、ドコモと完全に同一の通話品質を享受できるほか、通話エリアもとても広いので、ストレスフリーで使うことができます。ドコモのスマホであれば、ほとんどの機種が楽天モバイルで利用することが出来ます。もちろん、楽天モバイルで販売されているスマホを購入して使用することも可能です。もし、現在docomoのスマートフォンをお持ちでしたら、楽天モバイルのSIMカードを契約するだけで楽天モバイルを利用できますので、わざわざ楽天モバイルにするために高い機種代金を払う必要はありません。楽天モバイルとは、ドコモの回線を使いながら月々の携帯代が安く出来るというサービスです。

SIMフリースマホが選択肢豊富すぎる

ご利用になっているスマートフォンが、楽天モバイルに対応していない本体の場合は、お手数ですが、新規でスマホを購入していただくことになります。この場合、セット販売のプランを申し込んでいただく事になりますが、気になる端末選びについては、他のMVNOよりも豊富な種類の本体を取り揃えてありますので、選択の幅が広いことが特徴のひとつです。また、スマホだけでなくタブレットも豊富に取り揃えているため、お気に入りの端末を見つけることができるでしょう。ただ、そんな素晴らしい楽天モバイルですが、分割払いでの契約は楽天カードのみ、という点です。もし楽天カードを持っていなかった場合、分割払いを利用することはできません。しかし、種類の豊富さはMVNOの中でも一番です。

余ったデータ量の繰越

契約プランごとに使えるデータの容量が変わりますが、使用する頻度によりデータ通信量が余ってしまう月もあると思います。楽天モバイルでは、翌月繰り越しに対応しているので、非常に便利です。MVNOの中には、データの次月持越しに対応していないものもあるため、楽天モバイルのメリットでもあります。格安スマホですが、余ったデータを無駄なく繰越せるサービスがあると嬉しいですね!

通話代がオトクな、楽天でんわ

通話料を半額にしたい時におススメなのが楽天モバイルの「楽天でんわ」サービスです。IP電話と違い相手の番号の前にプレフィックスとよばれる番号(0037-68-)をつけて発信するもので、通話相手には発信元の電話番号が通知される仕組みになっています。通話相手に通知されるのは「0037-68-」を取り除いた普段使っている電話番号です。電話を受ける側からすると、普段と何の変化もないのです。IP電話利用時は非通知発信または050から始まる電話番号が相手に通知されるので、使いにくいところがありましたが、楽天でんわではそのようなデメリットを感じさせないサービスを提供しています。そして、楽天でんわかかる通話料は、金額に応じて楽天ポイントが付与されますので、お得感も倍増といったところでしょうね。まだまだ通話のオトクなサービスがあります。

5分通話し放題

日本の3大携帯電話サービス会社は、どれも電話かけ放題のプランを用意しておりますが、MVNOでは、話し放題サービスを提供していないのがほとんどです。MVNOのデータ通信料は大手大手携帯電話会社より格安で済むから家計には優しいけど、いざというときの通話料金が高そうでちょっと手が出しづらい。と、迷っている方でも納得できます。楽天モバイルに新しく登場したプランは、月々850円の料金で5分以内の国内通話ならば回数無制限で利用できます。この「5分かけ放題オプション」で使用しているのは一般的な電話回線であるため、楽天でんわや通常の発信と同じく、発信者番号を通知してくれるので、いつも通りの電話と変わらずにかけ放題になるのが最大のウリでしょう。MVNOのNifMoでも同様の通話し放題サービスを提供していますが、発信者番号通知には対応していないケースが多いようです。従来の「楽天でんわ」では、通常1分間に21.6円の通話料が必要でしたので、月に1時間以上通話している方にとってはお薦めのサービスですね。

到着した月は無料

契約時に何らかの特典があると嬉しいものですが、楽天モバイルではSIMの契約時に、最初の一か月分の料金が無料になるのです。最初の1ヶ月というのは、SIMカードやスマホ本体が届いた日を含む月を指します。SIMカードやスマートフォンを受け取る日によっては、まるまる1ヶ月間無料で使用できることになります。しかし、現在契約しているスマホが解約月でない場合や、キャリアの支払い事情もありますので、初月無料だけ目的に、単純に月初めまで待つことが得策とは限りません。

楽天モバイルの月額と解約

楽天モバイルの月々の値段について説明します。他社のスマホ代や携帯代を参考に、全体で料金がいかに安くできるのか、対比させると乗り換え時の参考になります。 楽天モバイルに申し込むと、どのようなプランが用意されていて、契約完了までにどのくらい費用が必要なのか具体的に説明します。

楽天モバイルの料金プラン

楽天モバイルのプランは、今話題の格安SIMは、大きく分けてデータ専用SIMと、音声通話可能SIMがあり、料金も異なります。音声通話付きSIMは、070/080/090ではじまる番号を使うことができるので、以前の携帯電話番号を利用したい時には、音声通話もできるSIMを利用しないといけませんので気をつけてくださいね。通話SIMの月額プランは、低速使い放題プランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円、20GBプランで4,750円、30GBプランで6,150円となっています。

データ通信専用SIMの料金プランは、低速使い放題プランで、525円、3.1GBプランで900円、5GBプランで1,450円、10GBプランで2,260円、20GBプランで4,050円、30GBプランで5,450円です。

ベーシックプランは200Kbosと低速ではあるけれど、その分使い放題なプランで、それ以外のプランは、ドコモのLTEの高速回線を使用できる262.5Mbpsのプランです。初期費用は3.240円ですが、端末も必要な場合はプラス端末代もかかります。

最低利用期間について

解約縛りと違約金について、まとめましたので、ご紹介します。データSIMでは、「最低限これだけの期間は解約しないでくださいよ」という決まりは特にありません。お勧めするものではりませんが、例えば最初の一ヶ月のみ使ってすぐ解約しても、手数料に類するものは一切取られないわけです。音声通話SIMをご利用の際には、最低でも12か月利用していただかなければなりません。万が一、1年以内に解約するとなると、解約手数料9.800円がかかってしまいます。大手キャリアと違う点は、違約金のかかる期間の更新がされないと言う点で、13ヵ月経過した時点で違約金を支払う必要がなくなるので、その点は有難いことですね。

終了間近のキャンペーン情報