BIGLOBEの格安SIMの良いとこ悪いとこ教えます!

BIGLOBE SIMのユニークポイント

BIGLOBE LTEとは、格安SIMや格安スマホを取り扱っているサービスでMVNOの一つです。auなどの大手キャリアから、BIGLOBE LTEに乗り換えた場合、月額使用料を大幅に低くすることも可能です。なんと月々わずか900円で利用できるという格安SIMが大変話題になっています。BIGLOBE LTEは、キャリア3社であるdocomoの回線を利用しているため、電波の入る範囲や通話の品質などドコモと同じなのです。BIGLOBE SIM 独自のサービスとして、エンタメフリーというものがあります。これがとてもお得なのです!これはYouTube、Google Play Music、Apple Music、AbemaTV、Spotify、AWA、radiko.jp、Amazon Musicの7サービスが通信量を気にせず無制限で使用できる!それでは、BIGLOBE SIMの速度や解約・店舗情報など、BIGLOBE SIMのすべてを網羅しました。分かりやすくまとめさせて頂いたつもりですので、お気軽にどうぞ♪

docomo回線を使ったBIGLOBE SIM

話題のBIGLOBE LTEは、docomo回線を使用した格安スマホサービスです。ドコモの回線を利用しているので品質レベルはドコモと同じで、通話エリアもとても広いので、ストレスフリーで使うことができます。ドコモの多くのスマートフォンは、そのままBIGLOBE LTEの端末としてご利用いただけます。そのほか、セット販売されているSIMフリースマホを購入することでも利用可能です。現在、ドコモのスマホをお持ちであれば、BIGLOBE LTEのSIMカードだけの契約でもお使いになれますので、新たにスマホ本体を購入する必要もありませんので、とてもお財布にやさしい乗り換えということになります。あまり知られていないながらもドコモとの提携により格安でありながらも信頼できる安定した環境を誇るBIGLOBE LTE回線はお得です。

格安スマホの種類が多い

ご利用になっているスマートフォンが、BIGLOBE LTEに対応していない本体の場合は、新たに対応端末を購入することが必要です。BIGLOBE LTEで販売されているスマートフォンは、非常にたくさんの種類があり、他のMVDOと比べると選べる幅も広がります。 また、スマホに限らず、タブレット端末の機種も豊富で選択肢に迷ってしまうほどです。

データ通信量の繰越しにも対応

利用プランによって使える容量は異なりますが、容量ギリギリまで使う月もあれば、少量しか使わない月もあると思います。BIGLOBE LTEの場合は、今月の分を繰り越して、翌月に使用することが出来ます。余ったデータ容量を繰り越せないMVNOがある中、ユーザーに喜ばれるサービスをどしどし導入するBIGLOBE LTEの魅力が、いっそう光ります。月々の携帯代が安い上に、無駄なくデータ通信量も使えるのはポイントです。

通話代が半額で番号通知可能なBIGLOBEでんわ

「BIGLOBEでんわ」はBIGLOBE LTEが提供しているサービスで、通話にかかる料金が半分になるというメリットがあります。これは、IP電話とは異なり、プレフィックス型通話というもので、IP電話とは違い発信時にこちらの電話番号をきちんと伝えられるサービスです。常に使用する電話番号は当然、相手側に通知されるのです。つまり、電話を受けた側はあなたがいつもと同じように電話を掛けてきたようにしか見えません。IP電話を使う場合、多くの場合は発信者番号通知に対応していなかったり、050から始まる番号で通知されたりしますので、着信拒否されたりすることもあったと思いますが、このプレフィックス型のBIGLOBEでんわではそのような心配はありません。

3分かけ放題

大手携帯キャリアのNTTドコモ、au、ソフトバンクが通話し放題プランを提供することで顧客を集めようとしているのに対し、最近話題になっているMVNOのそのほとんどは、通話し放題プランは提供していません。MVNOが出している格安スマホにはかなり惹かれるんだけど、かける回数が多いから電話代が跳ね上がりそうで心配だという人もいるでしょう。そんな人にもってこいのサービスが始まったのです。BIGLOBE LTEが提供する3分かけ放題は、月額650円で国内の通話が3分以内なら何度でもかけ放題となるサービスです。3分かけ放題は電話回線を利用している為、IP電話などとは違い、BIGLOBEでんわなどと仕様は変わらず発信者番号通知にも対応していますので、いつもどおりに発信するのと全く変わらずに、通話し放題になるのが、大きな魅力です。BIGLOBEでんわで通話すると通常1分で21.6円通話料がかかってしまうので、このは。1カ月にトータルして33分以上利用することが多い方にとってはかなりおすすめです。

MAX60分の無料通話つき「通話パック60」

通話用BIGLOBE SIMには、月額650円払えば『3分かけ放題』というオプションプランとは別に、『通話パック60』というオプションも利用可能です。この通話パック60は月額650円で1,200円分相当の無料通話が付くオトクなオプションです。長電話をすることがない方なら、おすすめするのが3分かけ放題だけど、稀に長く話してしまう人には、「通話パック60」の方が、断然安心です!!!是非、ご自身に見合った通話オプションサービスをご検討いただければと思います♪

最初の1ヶ月は無料なのも嬉しい

SIMの契約をBIGLOBE SIMですると、契約した月の初めの一ヶ月は、料金が無料となります。最初の一カ月とは、SIMカードが届いた月からの一カ月です。月初めにSIMカードが届いたら丸々1ヶ月分得をしてしまうってことですね。ただ、前の通信会社との契約の都合で、解約手数料などが必要になったりする場合もあるので、絶対に月初待つのがお得だとは言い切れません。

BIGLOBE LTEの月額と解約

BIGLOBE SIMのご利用料金についてご紹介していきます。今のスマホの月々の料金と比べながら、どちらの料金プランがお得なのかを考えながら見ていってください。どれだけ安くなるのか、BIGLOBE LTEの料金プランを見てみましょう。

BIGLOBE SIMの料金・初期費用

BIGLOBE LTEの料金プランに関しては、データ通信専用に使うSIMと音声通話ができるSIMとで別れています。音声通話SIMというのは、070/080/090番号が使えるものなので、今ご利用中の携帯電話と変わりなく使いたい方は、データ送信のみのSIMではなく、データ送信も通話も出来るSIMを選択してください。通話SIMの月額プランは、1GBプラン(音声通話スタートプラン)1,400円、3GBプランで1,600円、6GBプランで2,150円、12GBプランで3,400円、20GBプランで5,200円、30GBプランで7,450円です。

データ専用SIMの料金は、3GBプランで900円、6GBプランで1,450円、12GBプランで2,700円、20GBプランで4,500円、30GBプランで6,750円です。

ベーシックプランとは、200Kbpsの低速通信のみの使い放題プランで、その他のプランはdocomoの高速LTE回線(262.5Kbps)が使えるプランです。最初にかかる費用は3,240円ですが、それと共に端末費用も必要です。

BIGLOBE SIMの解約制限

BIGLOBE LTEの最低利用期間に関して、説明していきます。データSIMにおいては、ここまで利用しなければならないという期間に決まりはありません。嬉しいことに、解約時に解約手数料も必要ありません。ただし、音声通話SIMにむいては、最低でも1年間は使用しなければならないことになっています。そのため12カ月以内に通話SIMを解約する場合は、8,000円も、解約するのに手数料がかかってしまいます。他の大手キャリアには無い嬉しいサービスとして、縛り期間が自動更新されないので、最低利用期間を終えての13ヶ月からは、違約金が発生しなくなるのが嬉しいです。

速度に関して

BIGLOBE SIMは、ドコモで使われている4G回線を利用しています。速度に関しては、普通に使うには、十分な速度と言えます。docomoと同じ回線が格安で利用できるとは、BIGLOBE SIM最大のメリットですね。MVNO・格安スマートフォンのようなサービスは今後さらに広がっていきそうです。

BIGLOBE SIMの3日間制限

どのMVNOでもそうですが、全ての利用者に偏りのない通信サービスを提供するため、何度もたくさんデータを送受信される方の通信スピードを規制させていただいておりました。これは、三日前から今日までの通信利用したデータ容量から計算し、定められた量以上のデータを通信したユーザは、通信速度が規制されていましたが、3日制限が廃止となりました!ということで、BIGLOBE SIMを使うにあたって、どれぐらいデータを使ったか、日々気にする必要はありませんので、今までよりよっぽど使いやすい!

BIGLOBE SIMの割引キャンペーン